コンテンツ
三好 裕亮
証券パートナーズ株式会社 代表取締役
元証券マンが資産運用に関して独自の見地で情報発信しています。
皆様に資産運用に関して、わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!
三好FAの資産運用チャンネル 登録者48,000人突破! YouTube

個人投資家の9割が勝てない3つ理由と対策を元証券マンが解説!

三好 裕亮

証券パートナーズの三好です。
今回は「個人投資家の9割が勝てない理由」についてお話しします。

この記事は、こんな方にオススメ
  • 投資で結果が出ていない方
  • 買ったり負けたりを繰り返している方
  • 勝てない理由と対策を知りたい方

個人投資家が勝てないというのは投資の世界ではよく聞く話ですが、実際どうかと言うと私の肌感覚ですが、証券会社でトータルで儲かっている方というのは話の通り1割程度だと思います。

少しがっかりさせるお話かもしれませんが、儲かっている方よりも損してる方が事実として圧倒的に多いです。
現にこの記事をご覧になっている皆様も、投資を始めてから現在まで合算してプラスになっているでしょうか?

一時的に大きく儲ける方を見ることがあっても、投資期間の全てを合わせて継続的に儲かっているという方はかなり少ないんではないかと思います。

私は元証券マンとして儲かっている方も損している方も見てきました。
今回は証券会社での経験も踏まえながら、個人投資家の勝てない理由を3つとその対策方法についてお話ししていきます。

目次

個人投資家が勝てない理由➀
「投資ルールを持っていない」

この投資ルールを決めていないことによる弊害は大きく「損切りができない」「なんとなく良さそうだから買ってしまう」「銘柄の選定が曖昧」などの問題が出てきます。

「個人投資家」とは反対の「機関投資家」と呼ばれる投資家は、銘柄選定から売買のタイミングのルールまで設定されています。
「イケると思ったから」「良さそうに思えたから」という主観的な取引は極力排除するように取り決めているところが多いです。

それに比べて個人投資家は良くも悪くも好きなように投資できるので、簡単に言うと「なんとなく」でやってしまうんですね。
特に投資ルールが決まっていないことで影響を受けるのが「損切り」です。

人は本能的に損失を避ける傾向にあり、少しでも儲かると売りたい気持ちが出てきて、利益を小さく確定してしまいます。
そして含み損になると「もう少し待っておけば戻るかもしれない」という願望を抱きやすく、逆に損失をさらに広げてしまうという傾向があります。

これを行動経済学ではプロスペクト理論と言います。

この損失を避けたいという思いから、人々は合理的ではない投資行動をとってしまうことが証明されています。
例えば、よく言われるもので「AとBあなたならどちらの選択肢を取りますか?」という質問。

Aは確実に80万円もらえます。
そして、Bはサイコロを振って1の目が出たら何ももらえません。
ですが、それ以外の2から6の数字が出たら100万円もらえます。
つまり1/6の確率で何ももらえない。ただし、残り5/6の確率で100万円もらえます。

AとBあなたならどちらの選択肢を取りますか?

あなたならどちらを選びますか?
これはたいていの人が「A.確実に80万円をもらえる」選択肢を選びます。

ただこのAとBの選択肢の期待値を計算すると、Aの方では確実に80万円がもらえるので期待値は80万円。
Bの方では1以外の数字「2から6」が出れば100万円がもらえるので、100万円がもらえる確率は5/6となります。
100万円×5/6ということになり、期待値は833,333円になります。

選択肢期待値
A800,000円
B833,333円

ですので期待値で比べるとB。サイコロで100万円にチャレンジする方が数字上は賢い選択と言えます。
でもやっぱり確実にもらえるAを選んじゃいますよね。

しかもこれを先ほどの金額に1桁増やして、確実にもらえる800万円。
そしてサイコロにチャレンジして1000万円という選択肢にすると、99%の確率でほとんどの人がAの800万円を確実にもらうという選択肢を選びます。

これはあくまで一つの例に過ぎませんが、機関投資家は人工知能(AI)や自動売買システムを使って、先ほどの質問では瞬時に判断して 「B」 と答えます。

私たち個人投資家が「Aで固く80万円もらった方がいいかな」もしくは 「Bで100万円にチャレンジした方が良いかな~」というふうに考えている合間に、機関投資家たちは「B」と瞬時に判断するわけです。

そしてこの一例のように株の取引では「損切りした方がいいのか」「利益確定をした方がいいのか」という選択が、一度や二度ではなく何度も訪れるわけです。
その時、自分の中で投資ルールを決めていない個人投資家が、合理的ではない選択をしてしまう可能性が高いのはご理解いただけると思います。

投資で勝つためには、先ほどの質問でBを選択しなければいけません。
また、取引を多くすればするほど、自分の決断の回数が増えるので何度もBを選ばないといけません。
この人間本来の「損失を避けたい」という習性を、投資ルールを決めることであえて断ち切るんですね。

投資ルールを持たないことの対策としては、自分のルールを作ることです。
少なくとも損切りだけは決めておいた方がいいと思います。
合計投資金額の10%以上下がったら自分の気持ちに関係なく損切りするという風にですね。

多くの方がこういったルールを守っていないので、本能のまま小さい利益で利益確定して、一方で含み損が大きくなってしまうわけです。

個人投資家が勝てない理由②
「逆張り」

皆様も日本の株というのは売買の7割が機関投資家、海外投資家と聞かれたことはあるかと思います。
まさにその通りで、機関投資家の売買動向は相場に大きく影響を与えます。

そして投資の世界で大きく利益を出そうとするのであれば、大きい金額を投資している機関投資家と同じ方向を向いて投資する方が利益は大きくなります。波に乗る、ということですね。

そして相場が上がる時というのは、マーケットに買いがたくさん入っている時です。
その7割は機関投資家ですので、同じように個人で取引できれば先ほどの波に乗ることができます。

では機関投資家と個人投資家はどのように取引しているでしょうか?
過去の売買動向を見てみましょう。

横スクロールできます

スクロールできます
週間6月第2週6月第1週5月第4週5月第3週5月第2週5月第1週4月第5週4月第4週4月第3週4月第2週4月第1週3月第4週3月第3週3月第2週3月第1週2月第4週2月第3週2月第2週2月第1週1月第4週1月第3週1月第2週1月第1週
海外投資家-284,783261,330-21,67677,281-129,644-120,649-148,244-348,375-301,97754,383-65,473-951,784-413,426-679,379-153,557-365,618-35,334-49,494281,994-240,152-71,49677,708-45,482
個人投資家-56,647-281,877-305,992-104,85275,81510,628-47,66174,764-60,110-127,738-43,11726,130296,877281,954446,679211,92061,2919,480-241,598198,44985,89362,283-62,764

赤が売り越し青が買い越しを表しています。

個人と機関投資家を見ると両者が同じ方向で売買していることは少なく、反対方向で売買しているのがわかります。
個人投資家が買い越している時は機関投資家が売り越し、またその逆も然りです。

2020年のコロナショックによる3月の大きな下落で、機関投資家の売り越し残高が大きく積み上がっているのが注目されていましたね。
個人投資家が逆に買い越ししていたことは結果として良かったのですが、その後、機関投資家の買い戻しによって相場は大きく上昇しました。

その際に「2番底が来る」と言って、売りで入っていた個人は大きく損失を受ける結果となりました。
俗に言う「空売りが焼かれる」という状況です。

これは買い戻しに動いている機関投資家と逆の方向で売買してしまったがために起きてしまった典型的な失敗例ですね。

毎回機関投資家と同じように投資することは至難の技ですが、取引が上手な方は相場の流れに乗るのが上手です。
そこでどのようにすれば機関投資家と同じように取引できるのかお伝えすると、株式投資で言うと「順張り」で買うことです。

順張りというのは、上がっている銘柄を買って、さらに高い価格で売却することを目的とする買い方です。
機関投資家はこの順張りで投資することが多いと言われています。流れに逆らわないということですね。

ただ私も多くのお客様とお取引してきましたので、経験則的に「順張り」よりも「逆張り」を好む方が多いと感じています。
「今の値段よりももう少し安いところで買いたい」もしくは「ここまで下がってきたから、もうそろそろ反発するだろう」という考えで購入する方が圧倒駅に多いですね。

私もその気持ちはすごくわかりますし、決してそれが全くダメというわけではありませんが、機関投資家とは逆の取引になりやすいです。

投資資金を230億まで増やした有名な個人投資家のcis氏も同様のことを言っており、最初の頃、業績が良いのに株価が安い割安株に投資していたが儲からなかった。

そこから投資方法を変えて、株価が今現在伸びている会社を敢えて購入することで大きく儲けられるようになったと自身の書籍で書いてありました。

将来の株価を予想するのではなくて、「今現在の株価が結果であり、全てである」という考え方で、今上がっている銘柄というのは市場から良い銘柄と思われているから上がっているわけで、今後も上がる可能性が高い。

そして「違ったらすぐに損切りして売却する」という投資手法で資産を多く築かれたそうです。

これはあくまで一つの方法論ではありますが、機関投資家と同じような取引をするには「順張り」で投資するということです。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学
画像引用:一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学
あわせて読みたい
株式相場の「下がれば買い」は損する投資法 証券パートナーズの三好です。今回は「陥りやすい投資の失敗・下がったら買い」というテーマでお話しします。 この記事は、こんな方にオススメ 株は安い時に買うべきと...

個人投資家が勝てない理由③
「手数料」

よく言われる個人投資家の勝てない理由は先ほどの①ルールがない・損切りできない ②機関投資家と反対の取引をする、というものが挙げられるんですが、元証券会社にいた私としては、この手数料も投資成果に大きな影響を与える要因だと考えています。

これに関してはネット証券と対面型証券会社とで少し変わるのですが、特に後者の方が投資成果に不利な影響を与えてしまいます。手数料が高いからですね。

例えば株や投資信託など投資した際、その後の値動きとしては「上がる」か「下がる」か「変化なし」という3つのパターンがあります。じゃんけんで言うと「勝ち・負け・あいこ」みたいなイメージですが、売買には手数料が発生しますので、実質あいこは負けるんですよね。
手数料分負けているわけです。言うなれば「2/3 負けるじゃんけん」。

そして対面型証券会社で何度も売り買いをすることは、この2/3で負けるじゃんけんを何回もするようなことと同じです。

決して売買を否定するわけでもありませんし、時と場合によっては必要なお取引というものもあると考えています。
またサービスの対価として手数料をいただくこと自体を否定しているわけではありません。
ただし必要以上にこのじゃんけんを行ってしまうと、当然のことながら負ける可能性は高くなっていきます。

手数料に関するお話しは、以下のYouTube動画でも触れていますので、よろしければご覧ください。

投資で失敗する人の特徴。やってはいけない投資法まとめ

また運用会社のフィデリティが発表した調査で、証券会社で一番儲かってる人はどういった人なのか調べたそうです。
どういう人が儲かっているかイメージできますか?

この答え、なんと

  • 既に亡くなっている方
  • 投資していたことを忘れていた方

という結果になったそうです。

投資パフォーマンスの良かった人
投資パフォーマンスの良かった人

つまり動かさずに放置していた方が一番儲かっていたということです。

朝のニュースを見て、どれが上がるか個別銘柄も調べて、いつ買えばいいのかタイミングも確認して、逐一しっかりと勉強していても「買った後ほったらかしにしてる人」に負けちゃうんです。なんとも皮肉ですね。

これは結構当たってるんですよね。
以前のYouTube動画で、10年で資産が10倍になったお客様のお話をしたことがありますが、その方も投資したままほったらかしにしていた方でしたね。

これは個人的な意見ですが、やはり取引回数が増えれば増えるほどもちろん手数料もかかりますし、最初にお話ししたサイコロの選択AとBで非合理な選択をする回数が増えていってしまうんですね。

ですのでそういった意味で長期投資を推奨していますし、必要以上の売買は行わないようにお話ししています。
ただやっぱり投資する限りは個別株を売買したいし、もう少し資金を動かしたいと希望される方もいらっしゃると思います。
そういったことも投資の1つの醍醐味ですからね。

そういう場合は対策として「リスクを取って大きくリターンを狙う資金」と「じっくり腰を据えてお漬物のように寝かせておく資金」を分けておくのがいいと思います。
金融業界ではコア・サテライト戦略という風にも言ったりしますが、このコアは核となるじっくり時間をかけて運用する資金のことで、サテライトはコアの中心のまわりにある衛星という意味で、思い切ってリスクを取って投資するお金です。

このコアとサテライトの比率は、ご年齢や目的・好みによっても変わりますが、しっかりと色分けしていくことをお勧めします。

まとめ

個人投資家が勝てない理由まとめ
理由
投資ルールを持っていない

最低限、損切りのルールは決めて「損失を小さく・利益を大きく」損小利大を目指しましょう。

理由
逆張り

機関投資家、大きな波を意識して順張りで投資してみましょう。

理由
手数料

必要以上のお取引は控えるように意識しましょう。

三好 裕亮

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

YouTubeでもご覧いただけます

個別相談も受付中!

IFA 三好 裕亮
  • 「60分×2回」の個別相談お申込み受付中
  • 「オンライン面談・ご来店・訪問」いずれかでのご相談
元証券マンが最適な資産運用プランをご提案!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNS SHARE

この記事を書いた人

三好 裕亮のアバター 三好 裕亮 証券パートナーズ 代表

元証券マンが資産運用に関して独自の見地で情報発信しています。

皆様に資産運用に関して、わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!(プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる