コンテンツ
三好 裕亮
証券パートナーズ株式会社 代表取締役
元証券マンが資産運用に関して独自の見地で情報発信しています。
皆様に資産運用に関して、わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!
三好FAの資産運用チャンネル 登録者48,000人突破! YouTube

一般NISA・つみたてNISAどっちを選べばいい?あなたに合ったNISAの選び方を解説

三好 裕亮

証券パートナーズの三好です。
今回は「一般NISAとつみたてNISAどっちを選べばいいのか」というテーマでお話しします。

この記事は、こんな方にオススメ
  • NISAの基本を知りたい方
  • 一般NISA・つみたてNISA、どちらが良いか知りたい方
  • 過去のチャートからそれぞれのリターンシミュレーションを見たい方

今回は非常に皆様のご関心の高い「NISA」についてのお話しです。
一般NISAとつみたてNISA、結局どっちにすればいいの?という方も多いと思いますので、私なりの選び方についてお伝えしていきます。

目次

NISA(ニーサ)とは

まず簡単にNISAについてお話ししていきます。
NISAというのは「金融機関で作れる非課税口座」くらいにお考え下さい。

このNISA口座を利用して投資した商品は、いくら儲かってもNISAの適用期間内であれば税金はかかりません。
ご存知の方も多いかと思いますが、日本では資産運用で得られた利益に対して約20%の税金がかかります。

資産運用の税率

例えば100万円分の株式を購入して、それが110万円に値上がりしたとします。
この110万円の時に株を売却した場合、儲かった10万円の部分には20%の税金がかかってしまいます。
ですので、2万円引かれて、実際手元に残るのは108万円になります。

ですが「NISA口座を活用すれば、この2万円の部分が引かれないですよ」ということです。
これは先ほども言った通り、いくら儲かっても税金はかかりません。

例えば一般NISAで120万円分株を購入して、それが仮に1120万になったとします。利益は1000万円ですね。

もしNISAを利用していなかった場合、利益1000万円に対しての20%、すなわち200万円税金がかかってしまうのですが、NISA口座で投資していた場合、この1000万円に税金はかかりません。非常にお得ですね。

ですのでNISAを使うと「儲かった部分に対して、本来かかる税金がかからない」と覚えていただければ十分です。

そんなお得なNISA口座ですが、現在日本では以下の3種類のNISA口座があります。

  • 一般NISA
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

ジュニアNISAについては19歳までの未成年の方が利用できる口座なので今回は触れませんが、私としては少し使いにくい制度だと考えています。
利用する際は「18歳まで引き出せない」というデメリットを考慮したうえでご検討ください。

それでは一般NISAとつみたてNISAのご紹介をしていきます。

一般NISA・つみたてNISAの違い

スクロールできます
一般NISAつみたてNISA
年間投資額120万円40万円
非課税期間5年20年
投資商品株式・投資信託・ETF投資信託(制限あり)・ETF
購入方法一括・積立積立のみ

上から1年間の投資可能金額、非課税期間、投資可能商品、購入方法、という項目に分けて違いを書いております。
特に重要なのは上2つ。年間の投資金額と非課税期間です。

一般NISAの場合は120万円を5年間運用に回せるので、合計600万円を非課税投資できる計算になります。
一方のつみたてNISAは40万円を20年間運用に回せるので、合計800万円を非課税投資できる計算となります。

2024年から一般NISAは少し内容が変更されるのですが、そこまで気にする内容ではありませんので今回は省略します。

イメージでいうと「一般NISAは太く短く」「つみたてNISAは細く長く」という投資方法です。
この非課税になる投資額だけを見れば、一般NISAが600万円、つみたてNISAが800万円で、つみたてNISAの方が200万円分お得に見えるかもしれませんね。

その他、投資商品・購入方法に関しては、一般NISAの方が自由度が高いですね。
株・投資信託・ETFなど、債券以外の商品はだいたい購入可能でなおかつ毎月積立でなく、一括投資することもできます。

つみたてNISAはある程度制限があり、商品はインデックスを中心とした投資信託で、購入方法は毎月積立のみ、となっております。

NISAを使って何に投資するか?

こういった違いを踏まえて、どちらがお得なのかを考えていく必要があります。
そこで1つ考えなければいけないのが、NISAを使って何に投資するのか?ということです。

これは基本的に「正解」はありません。
ですが、NISAを最大限活用しようと考えた場合、最低でも数年単位の運用になりますので「長期運用に適していること
そしてNISAは最終的に儲からないと意味がありませんので「儲かる可能性が高いこと
この2点に該当する投資先を選ぶ必要があります。

そう考えた場合、投資対象になるのは、米国株式や全世界株式をもとにした「投資信託」を選ばれるのがベターだと考えています。

もちろん一般NISAで日本株を買うことは否定しませんが、ご自身で銘柄選定をする能力が必要になってきますので、それは各々のご経験や能力次第かと思います。
初心者の方や、老後資金の運用という場合は外国株式の投資信託がベターだと思います。

どうして外国株式が良いのか?という話をしだすと、またそれだけで記事1つ作れるほどのボリュームになるので、今回は簡単にチャートだけ載せておきます。

1988年からのS&P500株価の推移
1988年からのS&P500株価の推移

理由としては「今までの運用実績があり、将来的にもそれが継続する可能性が高いから」ということで、今回はご理解ください。

逆に日経225やTOPIXをお勧めしていないのも同様の理由からです。
こちらもチャートを載せておきますが、日本株、特に大型株はここ最近上昇していますが、アベノミクスの前までは全然上がっておらず、海外に比べてずっと低迷していました。

1988年からの日経平均株価の推移
1988年からの日経平均株価の推移

今年に入ってからも世界中の株価が過去最高値を更新している相場状況ですが、日本株は30年ぶりの高値ということで未だに30年前の高値を更新できておりません。
つまり長く保有しても報われない可能性がある、ということです。

そういった理由から日経225、TOPIXは長期運用に適していないと考えております。
ご相談いただいたお客様にも、こういった銘柄を積み立てている場合は外していただいています。

基本的にNISAで購入する商品は「米国株式」か「全世界株式」とお考えください。

それでは、一般NISAとつみたてNISAの選び方についてお話ししていきます。

NISAの選び方

先ほどご説明した通り、一般NISAは120万円を5年間運用できて合計600万円。
つみたてNISAは40万円を20年間運用できて合計800万円までが非課税として投資できるとお話ししました。

ですので単純計算して800万円のつみたてNISAがお得!かといわれると一概にもそうとは言い切れません。
これは「開始年齢」「運用期間」「投資資金」3つの側面から検討する必要があります。

NISAの判断ポイント①
「開始年齢」

一般NISAの場合は最大限使って5年間ですが、つみたてNISAの場合は20年もあります。
期間が長いこと自体は悪いわけではありませんが、ご自身のご年齢を考慮したうえで考えなければいけません。

もし、20~30代の方がつみたてNISAを始める分には全然いいと思いますが、60代以上の方が始めた場合だと、つみたてNISAを最大限活用できるのは20年後なので80代とかそれ以上のご年齢になってしまいます。

これを否定する訳ではありませんし、人それぞれ人生観がありますので正解があるわけではありませんが、私は基本的に55歳を基準にそれ以上のご年齢の方にはつみたてNISAはあまりご案内していません。
20年後まで毎月の積立ができるかどうか、というのは検討された方がよろしいかと思います。

もちろん20年間絶対というわけではなく、つみたてNISAは途中でストップもできるので一時停止も可能ですが、毎年40万円分つみたて投資できた方がNISAを最大限活用できている、といえるかと思います。
20年間続けられるか、という点でご検討ください。

NISAの判断ポイント②
「投資期間」

これはNISA選びに非常に重要な部分です。
以前、こちらの記事でも少しお話ししたことがあるのですが、

あわせて読みたい
積立NISAを続けた結果どうなる?積立投資をわかりやすく解説! 証券パートナーズの三好です。今回は「つみたてNISAでいくら儲かるのか」というテーマでお話しします。 この記事は、こんな方にオススメ つみたてNISAでどのぐらい資産...
1988年からのS&P500株価の推移

このように右肩上がりの値動きする株があったとして、この場合、最初にまとめて一括投資するのと、毎月コツコツ積立投資した場合、将来どちらが儲かるでしょうか。

今回はみなさんご存知の「eMAXIS投信 全世界株式」を使ってお話ししていきます。

チャートの都合上、10年間で計算させていただくのですが、投資金額は一括投資、つみたて投資、どちらも400万円という設定で比べてみます。

例えば、つみたてNISAの年間40万円の枠でつみたて投資した場合、毎月3万3333円ずつ投資することで年間40万円の投資額になります。
そうすると10年間で約400万円投資することになるのですが、eMAXIS全世界株式に10年間つみたて投資した場合、結果はこのようになります。

10年間で400万円を積立投資した場合
eMAXIS全世界に10年間で400万円を積立投資した場合

コツコツ積み立てた結果、400万円は10年後に723万円になっています。
約1.8倍ですね。定期預金に眠らせてるよりはずっと良いかと思います。

それではもう一方の一括投資の場合を見ていきましょう。
10年前にeMAXIS全世界株式を400万円で一括投資した場合の結果がこちらになります。

400万円を一括投資した場合の10年後
eMAXIS全世界に400万円を一括投資した場合の10年後の比較

400万円を一括投資した結果、1183万円になっています。約3倍ですね。

つみたて投資が1.8倍であったのに対して、どうして一括投資は3倍になったのでしょうか?

これは購入した商品が右肩上がりに上昇した場合、最初にまとめて買った方がその後の値上がりをまるまる受け取れるんですね。
一方の積立投資の場合は、上がっている途中もコツコツ購入するので、平均の購入価格がだんだん上がってしまいます。
ですので結果として、右肩上がりの場合は最初に一括投資した方が大きく利益が出るということです。

もちろんこれは株価が上昇してくれる前提でのお話しになるのですが、米国株式・全世界株式のチャートはここ10年間このような推移を辿っています。

S&P500と全世界株式の直近10年間チャート
S&P500と全世界株式の直近10年間チャート

リーマンショックや去年のコロナショックなど定期的な暴落は訪れますが、基本的には右肩上がりで推移しています。

一括投資は以下の左図のようにまとめて購入する方法。積立投資は右図のようにコツコツ購入する方法です。

一括投資の投資タイミング
一括投資の投資タイミング
積立投資の投資タイミング
積立投資の投資タイミング

そして右肩上がりに動いている場合は、一括投資の方が投資効率が高いと考えています。

NISAの判断ポイント③
「投資資金」

これは投資する方の資金力が関係します。
一般NISAでは年間120万円で5年間使えますが、そもそも「一般NISAの枠を満額使い切るほどの投資資金が無い」という場合は、一般NISAを選ぶともったいないので必然的につみたてNISAが選択肢になるかと思います。

私のご案内する基準では、投資資金が500万以上ある方、もしくは毎月10万円積み立てても問題ない、という方は一般NISA。
それよりも投資資金が少ない場合はつみたてNISAをご案内しています。

結局、一般NISA・つみたてNISAどっちがいいのか?

  • 開始年齢
  • 運用期間
  • 投資資金

この3点を考慮して私なりの最終的な判断基準をお伝えすると、基本的にはその人の運用に回せる資金量で判断します。

私のご案内する基準では、投資資金が500万以上ある方、もしくは毎月10万円積み立てても問題ない、という方なら一般NISAをおすすめしています。

一方で運用資金が500万円以下、もしくは毎月つみたて金額が10万円は厳しいという方、または今後収入が大きく減ってしまうという方、そういった場合の方は資産状況を見ながらつみたてNISAをご案内しています。

いずれにせよ、米国株式、全世界株式は長期的に右肩上がりなので、できるなら最初にまとまった金額を投資した方が効率的だと私は考えています。

なので、可能な方には一般NISAでの運用をお勧めしています。
ただ、ご年齢や資金状況などを考慮して、つみたてNISAの方が無理なくできると判断した場合は、つみたてNISAでよろしいかと思います。

まとめ

NISAとは運用益が非課税になる口座です。
一般NISAは120万円が5年間、つみたてNISAは40万円が20年間、非課税になります。

そしてNISAでお買いつけする商品は、米国株式もしくは全世界株式の投資信託がおススメです。
確定拠出年金なども同じです。

なにも投資していない方は米国株式で良いかと思います。
他の商品で米国株に既に投資している、という方は全世界株式を組み入れてもよろしいかと思います

そして一般NISAとつみたてNISAの選択基準は、ご自身の投資資金で判断してください。
基本的には運用資金が500万円以上ある方、もしくは毎月10万円を5年間運用に回しても問題ないという方は、一般NISAをおすすめします。

運用資金がそこまでは無い、もしくは初心者だから小額から始めたい、という方はつみたてNISAでよろしいかと思います。

ですが資金効率という意味では、なるべく一括投資した方が将来的に報われやすいと考えています。
その他、ご自身の年齢なども考慮して判断するようにしてください。

三好 裕亮

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

YouTubeでもご覧いただけます

個別相談も受付中!

IFA 三好 裕亮
  • 「60分×2回」の個別相談お申込み受付中
  • 「オンライン面談・ご来店・訪問」いずれかでのご相談
元証券マンが最適な資産運用プランをご提案!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNS SHARE

この記事を書いた人

三好 裕亮のアバター 三好 裕亮 証券パートナーズ 代表

元証券マンが資産運用に関して独自の見地で情報発信しています。

皆様に資産運用に関して、わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!(プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる