コンテンツ
三好 裕亮
証券パートナーズ株式会社 代表取締役
元証券マンが資産運用に関して独自の見地で情報発信しています。
皆様に資産運用に関して、わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!
三好FAの資産運用チャンネル 登録者48,000人突破! YouTube

【50代・60代】老後の資産形成の必要性

三好 裕亮

証券パートナーズの三好です。
今回は「50代・60代の老後資産形成の必要性」というテーマでお話しします。

この記事は、こんな方にオススメ
  • 老後に備えて資産形成しておきたい方
  • 老後に必要な資金と増える支出を理解しておきたい方
  • 株式・債券・投資信託、どれに投資するかお悩みの方

今回は改めて50代・60代の貯金額の現状を見ながら、老後に向けた資産形成の必要性について解説していきます。

資産形成の必要性については既に重々承知の方は多いかと思いますが、改めて今回の内容を理解していただくことで、資産運用に前向きに、かつ長期的に取り組めるようになると思いますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

50代・60代からの老後準備

50代・60代の貯金額

では早速ですが、50代・60代の方の貯金額を確認していきます。
こちらは政府の金融広報委員会がまとめたアンケート調査の結果となります。

中央値金融資産なし金融資産あり
50代600万円1050万円
60代650万円1500万円
50代・60代の貯金額・金融資産(世帯調査)

50代の貯金額は中央値が600万円。60代の貯金額は650万円となっております。
こちらは世帯の調査になっておりますので、夫婦で2人合わせての貯金額になります。
もちろんこれ以上の方もいるでしょうし、この金額に満たない方もいるかと思います。

さらに特徴的であるのが、50代・60代の中でも金融資産を保有している世帯の貯金中央値は、50代が1050万円。60代が1500万円となっています。

投資をしたから豊かになったのか、豊かだから投資をしているのか、この順序がどちらかは分かりませんがいずれにせよ運用している方は資産が多い傾向にあるといえますね。

では今ご覧いただいた貯金額で老後資金は足りるのでしょうか?
次は必要な老後生活費と資産運用の重要性について解説します。

年金額の推移

まず皆様にご認識いただきたいのが、老後の年金受給額の推移になります。

年金受給額の推移
年金受給額の推移

年金の受給額は現役時代の働き方や勤務年数、納めた年金額によっても変わってくるのですが、2000年の1人当たりの平均年金受取金額は月々176,000円でした。夫婦であれば2倍掛けた金額になります。

ただしこの年金受給額は年々減少しており、昨年2020年では月々146,000円となっています。
20年間で月々3万円が減額されことになります。年間にすると約36万円の減額です。

これに加えて厚生労働省がアンケートで出している老後の必要な生活費ですが、贅沢をしなければ月々22万円。
旅行などある程度豊かな生活をしようと考えると月々34万円が必要とされています。
今の年金受給額の平均は一人当たり14万円ですから、夫婦合わせて30万円を切る状況になっています。

もちろんこれは生活水準など個人差がありますので、月々30万円あれば充分という人もいらっしゃれば、住宅ローンなども残り30万円では物足りない方もいると思います。

また今は月々14万円が平均金額ですが、これからの20年間でさらに減額する可能性も充分あると考えています。
そうなると一人当たりの年金額も減りますので、夫婦で合わせて月々の年金額が25万円を切るという可能性も出てくるかもしれません。

こちらは厚生労働省が発表している日本人の平均寿命のデータになります。

日本人の男女別平均寿命
日本人の男女別平均寿命

現在の平均寿命は男性で81歳、女性で87歳となっております。
この平均寿命は年々長期化している傾向にあり、30年前は平均寿命が70~75歳前後だったので、1世代またいで10年ぐらい伸びている計算になりますね。

この平均寿命というのは、この年齢になったら一斉にお亡くなりになるということではなくて、この平均寿命に達した時に同世代が約半数ほどお亡くなりになっているという年齢を表しています。なので女性なら87歳、男性なら81歳の時に自分たちの世代が半分になっているということですね。

ただ、逆を言えばこの年齢になったとしても、約半数の方が元気に生きているということになります。
なので人生100年時代とも言われますが、思ったよりも長く生きるという認識で老後資金を準備しておくほうがよろしいのではないかと思います。

個人的な感想になりますが、私が仕事上お付き合いさせていただくお客様たちというのは、50代~70代のお客様が多いのですが、やはり老後生活というのはある程度の金銭的余裕があったほうが、楽しく我慢が少なく暮らしていけると思います。

ご夫婦や友人と旅行に行ったり、ゴルフなどの趣味に没頭したり「お金の心配がない」というのは老後生活において重要です。
もちろん老後生活はお金だけが問題では無いのですが、最低限のお金の問題はクリアしておいた方が人生を自分らしく生きられると思います。

将来の必要資金額

ではお話しを戻しまして、今の現状を踏まえて将来の老後資金はどれぐらい必要なのかと言う事ですが、これは個人差があるので正確な数値は出すことができません。
ただ平均寿命が伸びていると言うことも考慮すると、65歳から85歳までの20年分の貯金は最低限あった方が心の余裕は生まれると思います。

月々の収入として年金がありますので、それですべて賄えると言うのであれば問題ありませんが、少し不足したり、支出が多いと想定して、月々10万円を貯金から取り崩すと計算すると1年間で120万円の貯金を崩さなければいけません。

これを10年間で計算すれば1200万円となります。20年間であれば2400万円ですね。

「年金が減っていく」「寿命が伸びていく」
そういった背景も踏まえて、以前の2000万円問題というのが話題に上がったんですね。

またここに病気や介護などが絡んでくると、さらにお金が全然足りないという事態に陥ります。
そういった意味では、やはり最低でも2000万円以上は確保しておいた方が安心ですね。

あわせて読みたい
60代の悲惨な貯蓄格差!今からできる老後準備と資産運用 証券パートナーズの三好です。今回は「60代の悲惨な貯蓄格差・今からできる老後準備」というテーマでお話しします。 この記事は、こんな方にオススメ 老後に備えて今か...

増税とインフレ

そのほかでいうと増税やインフレについても理解しておく必要があります。
税金に関しては年々上がっており、消費税然り、相続税、所得税なども上がっています。

国の一般会計税収の推移
国の一般会計税収の推移(財務省データ)
商品・サービスの料金の上昇推移
商品・サービス料金の上昇推移(総務省データ)

最近では買い物する度にレジ袋の料金を3円取られますよね。あれも言ってしまえば増税に近いと考えています。

無意識なところからお金と言うのは抜き取られていきますので避けられない部分でもあるんですが、それに従っているだけではお金はどんどんと減っていきます。
そういった意味でも、やはり資産を運用して対策する必要があるかと思います。

また商品やサービス料金の値上げも皆様の資産を圧迫するためにじわじわと効いてきます。
参考例ですが東京ディズニーランドの1日入場料金というのは、2000年は5,500円でしたが現在の入場料はなんと9,400円です。(曜日等によって料金は異なり土日祝日の料金)
20年間でおよそ2倍ですね。

同様に食料品なども値上げされています。ただ食料品の場合は値段は上がらず、中身が減っています。
隠れ値上げ・ステルス値上げと言われています。
こちらも参考例で、関西人が大好きなハッピーターンというお菓子。
これは2018年以降内容量が変更されており、もともと120グラム入っていた商品が108グラムと中身が減っています。
約1割減っているので、言い換えれば1割値上げされたようなものです。

商品やサービス料金の値上げ一例
商品やサービス料金の値上げ一例

今お話しした増税や値上げなども考えると、現金で持つことのリスクや資産運用の必要性をますます感じることと思います。

では資産運用の必要性を充分ご理解いただいた上で、どのように運用するのがいいか?という話を最後にお話しさせていただきます。

最適な運用方法

まず金融商品に関して、主に株式・債券・投資信託の3つの種類に分けることができます。

それぞれにメリットとデメリットがあり、ご自身の考えに合った商品を選ぶことが重要です。
株式、債券、投資信託、それぞれご確認ください。

金融商品の比較
金融商品の比較
  • 株式投資はリターンが期待できる反面、値動きが大きいです。個別企業もしっかりと調べなければいけません。
  • 債券の場合は安定的に利子を受け取れる分、リターンは限定されます。あと株式ほど簡単には売却できません。
  • 投資信託は少額から分散して投資できる分、コストがかかりますね。

どれも一長一短ですが、ここで各アセットクラスの歴史的な推移を見てみましょう。
こちらは1800年からの超長期的なチャートになっています。

各金融商品の歴史
1800年からの各金融商品の歴史

一目瞭然ですが、長期的な運用においては株式投資が1番運用パフォーマンスが高いとされています。
年率で換算するとおよそ6.6%で上昇していることがわかります。ですので株式に投資するのが一番効率が良いと考えられます。

「じゃあ株を買うぞ」と言いたいところではありますが、個別株式を購入する際には、先程の表にもあるデメリットが存在します。

  • 個別の企業を調べる必要がある
  • 値動きが大きい
  • 最低購入金額が大きい

もちろんこれらのデメリットをメリットとして捉えることもできるのですが、老後資産の運用においてはリスクが大きいと考えています。

50代・60代に合う金融商品は?

ましてや今まで運用未経験の方がいきなり株式投資をして継続的に利益を上げると言うのは非常に難しいと考えています。
そういった意味では、投資信託で株式に分散投資することが老後資金の運用には適しているのではないかと思います。

もちろんデイトレーダーとか凄い勉強して成功している方もいるので、「個別株の方が良い」という意見も理解できます。
ただ私は自分の経験上、全員がそんなトレーダーみたいな方法で利益が出せるとは思わないです。

なるべく多くの人が勝ちやすい方法として、投資信託での長期投資をお勧めしているというスタンスです。

投資信託の選び方はこちらの記事でも解説しておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

あわせて読みたい
儲かる投資信託の選び方!人気商品にダマされるな! 証券パートナーズの三好です。今回は「儲かる投資信託の選び方・人気商品にダマされるな」ということでお話しします。 この記事は、こんな方にオススメ 投資信託の選び...

まとめ

今回は改めて「資産運用の必要性と老後準備」について解説させていただきました。
まだ運用していないという方も、まずは始めることが大事ですので少額からでもぜひチャレンジしてみてください。

あわせて読みたい
50代・60代が資産運用を始めるベストなタイミングとは 証券パートナーズの三好です。今回は「50代・60代が資産運用を始めるベストなタイミング」というテーマでお話しします。 この記事は、こんな方にオススメ そろそろ資産...
あわせて読みたい
50代・60代の平均貯金額と理想の老後準備 証券パートナーズの三好です。今回は「50代・60代の平均貯金額と老後のライフプラン」についてお話しします。 この記事は、こんな方にオススメ 50代・60代の平均値を知...
三好 裕亮

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

YouTubeでもご覧いただけます

個別相談も受付中!

IFA 三好 裕亮
  • 「60分×2回」の個別相談お申込み受付中
  • 「オンライン面談・ご来店・訪問」いずれかでのご相談
元証券マンが最適な資産運用プランをご提案!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNS SHARE

この記事を書いた人

三好 裕亮のアバター 三好 裕亮 証券パートナーズ 代表

元証券マンが資産運用に関して独自の見地で情報発信しています。

皆様に資産運用に関して、わかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!(プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる